新着情報・活動トピックス

協会の情報を日々更新中です。

2015/01/13

産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成25年度)について(お知らせ)

環境省では、毎年度、全国の都道府県及び政令市(以下「都道府県等」という。)の協力を得て、産業廃棄物の不法投棄及び不適正処理(以下「不法投棄等」という。)事案について、産業廃棄物の不法投棄等対策に係る政策形成のための基礎資料とすること等を目的として、新たに判明した不法投棄等事案の状況、及び年度末時点の不法投棄等事案の残存量等を調査し、公表しています。

(1)平成25年度に新たに判明したと都道府県等から報告のあった不法投棄事案の件数は159件(前年度187件、▲28件)、不法投棄量は2.9万トン(同4.4万トン、▲1.5万トン)でした。
(2)平成25年度に不適正処理が行われたと都道府県等から報告のあった不適正処理事案の件数は90件(前年度121件、▲31件)、不適正処理量は6.3万トン(前年度5.3万トン、+1.0万トン)でした。なお、平成25年度より前から不適正処理が行われており今年度初めて報告のあった事案を含めた件数は159件(前年度179件、▲20件)、不適正処理量は11.4万トン(同11.3万トン、+0.1万トン)となります。
(3)平成25年度末における不法投棄等の残存事案として都道府県等から報告のあった件数は2,564件(前年度2,567件、▲3件)、残存量の合計は1,701.7万トン(同1,777.3万トン、▲75.6万トン)でした。
(4)硫酸ピッチの不適正処理については、平成25年度に新たに発覚したと都道府県等から報告のあった事案の件数は0件でした。

引用:環境省 http://www.env.go.jp/press/100097.html

More